Heart framing from fingers on woman chest with pink badge to support breast cancer cause, PS: you can change the ribbon color to red to support AIDS cause as both using same symbol

スクリーニングと治療の進歩で乳がん死が半減

近年、スクリーニングと治療が飛躍的に進歩したことで、乳がん死亡率が大幅に低下したことが米スタンフォード大学医学部教授のSylvia Plevritis氏らの研究で明らかになった。シミュレーションモデルを用いたこの研究では […]

Read more
Patient Sitting Up in Modern Hospital Room

毎年のワクチン接種で高齢者のインフル重症化リスクが低下

毎年必ずインフルエンザワクチンを接種している高齢者は、インフルエンザの重症化による入院や死亡のリスクが低いとする研究結果が「CMAJ」1月8日オンライン版に掲載された。研究を実施したナバーラ大学健康研究所(スペイン)のJ […]

Read more
Portrait of a beautiful young happy smiling couple - isolated

ストレス軽減には「恋人のTシャツのにおい」が効く

急な出張が入ってしまった時や、就職を希望する会社の重要な面接を控えている時は、恋人や配偶者のシャツをバッグに忍ばせておくと良いかもしれない―。ブリティッシュコロンビア大学(カナダ)のMarlise Hofer氏らによる研 […]

Read more
1-2 HDN1月18日「ヘルスハイライト」No.2

皮膚細胞から機能する筋肉の作製に成功

ヒトの皮膚組織から作った人工多能性幹細胞(iPS細胞)をもとに、実際に機能する筋肉を作製することに初めて成功したとする研究結果が「Nature Communications」1月9日オンライン版に掲載された。研究を実施し […]

Read more

思春期の子どもとの接し方

10代前半は子どもにとって情緒的にも身体的にも難しい時期です。

Read more
Woman taking blood sample for measuring sugar level

糖尿病患者を注射から開放する「パッチ型デバイス」に可能性

血糖値が上昇するとインスリン産生を促す薬剤を放出するパッチ型デバイスを皮膚に貼り付けることで、2型糖尿病患者は血糖値を測定する指先穿刺の煩わしさから解放されるだけでなく、インスリンなどの治療薬の注射も不要になる可能性のあ […]

Read more
2HDN糖尿病ニュース1月18日配信2

2017年に飛躍的発展遂げた糖尿病治療-米専門家の見解は?

2017年は糖尿病の研究と治療が飛躍的発展を遂げた一年であった。特に進歩がみられた分野には(1)人工膵臓技術、(2)糖尿病治療薬による心血管疾患リスクの低減、(3)持続血糖測定(CGM)の進歩、(4)1型糖尿病の妊婦にお […]

Read more
4.1.1

顔面エクササイズで見た目年齢が3歳若返る?

顔面の「ストレッチ」で見た目を若返らせることができるかもしれない―。中年女性を対象とした小規模臨床試験で、20週間の顔面エクササイズプログラムによって見た目年齢が約3歳若返ることが示された。詳細は「JAMA Dermat […]

Read more
4.1.1

米国でインフルエンザが猛威、ほぼ全土に感染拡大

米国でインフルエンザが猛威をふるっている。米疾病対策センター(CDC)は1月12日の記者会見で、今シーズンは近年まれに見る規模で流行しており、ハワイ州とコロンビア特別区を除いた49州に感染が広がっていることを明らかにした […]

Read more
4.1.1

米国の中高生、「初体験」の年齢が上昇

米国の9~12年生(中学3年生~高校3年生)の男女を対象に米疾病対策センター(CDC)が実施した研究から、初めて性交を経験する年齢が上昇していることが明らかになった。特に中学3年生と高校1年生の男女で性交の経験者の割合が […]

Read more
1 2 852 853