image_print
医療・健康ニュース/一口メモ/

健康日誌をつける(2009.11.16掲載)

医師から疾患や傷害、過去に受けた医療処置について聞かれたとき、普段から健康日誌(health journal)をつけていれば、記憶に頼る必要はない。

米国家庭医学会(AAFP)は、その日誌に下記の項目を入れるよう勧めている:

・治療を受けたすべての疾患や傷害。

・すべての入院歴。時期と理由を忘れずに加える。

・食品や治療薬、家庭用品や花粉などに対するすべてのアレルギー。

・過去に受けたすべての手術や医療処置。

・服用、および摂取しているすべての処方箋薬、市販(OTC)薬、ビタミンやサプリメント(栄養補助食品)。用量および服用頻度を忘れずに加える。

・近親者が罹患したすべての疾患や疾病、健康上の問題。

(HealthDay News 11月4日)

http://www.healthday.com/Article.asp?AID=632567
Copyright (c) 2009 ScoutNews, LLC. All rights reserved.

RELATED ARTICLES

Search

記事カテゴリ