image_print
医療・健康ニュース/一口メモ/

にきび痕を予防するには(2014.10.14掲載)

適切なスキンケアをすれば、にきびを最小限に抑え、にきび痕を予防することができる。

女性向け医療ウェブサイトWomenshealth.govでは、以下の対処法を勧めている。

・1日2回、また汗をたくさんかいた後は皮膚をよく洗う
・洗顔は刺激の少ない洗顔料を用いて、髪の生え際から顎の下まで洗う。ごしごし擦らずに、よくすすぐ
・毎日髪を洗う。髪が脂っぽい場合はさらに頻繁に洗う
・にきびを取ったり潰したりしない。にきび痕の原因になる
・日焼けを避けるよう注意する。一部のにきび薬によって、皮膚が日焼けに弱くなることがある
・にきびによい(毛穴の詰まりやにきびの原因となりにくい)スキンケア・ヘアケア製品を探す
・皮膚に擦れるスポーツ用品、リュックなどの用品の使用を避ける

(HealthDay News 10月1日)

http://consumer.healthday.com/kids-health-information-23/acne-news-3/health-tip-help-prevent-acne-scars-691904.html
Copyright (c) 2014 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES