image_print
医療・健康ニュース/一口メモ/

糖尿病患者がスポーツをするときの注意(2015.4.16掲載)

糖尿病でも、好きなスポーツを辞める必要はない。米国栄養・食事療法学会(AND)は、以下のような安全対策を勧めている。

・血糖値が100 mg/dL未満のときや、重度の低血糖発作から1週間以内は運動を避ける
・運動中は常に血糖値を確認し、主治医が定めた範囲内であることを確認する
・運動時は吸収の速いブドウ糖を携帯しておく
・低血糖発作を避けるため、十分な経験を積むまでは仲間と一緒に運動する
・糖尿病患者であることがわかる医療アラートブレスレットを身に着ける
・運動の前後には軽食と飲み物を摂取する
(HealthDay News 4月6日)

http://consumer.healthday.com/diabetes-information-10/misc-diabetes-news-181/health-tip-diabetics-who-compete-697815.html
Copyright (c) 2015 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES