image_print
医療・健康ニュース/一口メモ/

花粉が多い日の対策(2015.4.23掲載)

花粉の飛散量が多い日には、花粉アレルギーの人はくしゃみ、涙目、痒み、咳などの症状に苦しむことになる。

米国アレルギーぜんそく免疫学会が勧めている花粉症対策を紹介する。

・花粉指数が高いときは長時間の外出を避ける
・芝刈りや落ち葉掃除をしなければならない場合は防塵マスクを着ける
・庭仕事で着た服は、すぐに洗濯する。室内でその服を着ない
・エアコンのフィルターをこまめに掃除・交換する
・洗濯物は外に干さない
・休暇の計画を立てるときは、花粉量が少なそうな場所や季節を選ぶ
(HealthDay News 4月15日)

http://consumer.healthday.com/respiratory-and-allergy-information-2/misc-allergy-news-17/health-tip-when-pollen-counts-are-high-698067.html
Copyright (c) 2015 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES