image_print
医療・健康ニュース/一口メモ/

「頭痛日記」をつけよう(2015.7.13掲載)

頭痛日記をつけると、症状を追跡し、慢性的な痛みの誘因を突き止めるのに役立つ。

米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)医療センターによると、日記には以下の内容を記録するとよいという。

・頭痛の生じた日時
・頭痛の持続時間
・頭痛が起こる前にしていた活動
・頭痛が始まる前に摂取した食べ物や飲み物
・頭痛への対処として使用したもの。処方薬、市販薬、ハーブ療法、その他の治療法など
・頭痛の部位と強さ。吐き気やめまいなどの症状も付記しておく
・頭痛により日常生活にどのような影響があるか
(HealthDay News 6月1日)

http://consumer.healthday.com/head-and-neck-information-17/headaches-health-news-345/health-tip-log-symptoms-in-a-headache-diary-700509.html
Copyright (c) 2015 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES