image_print
医療・健康ニュース/一口メモ/

インターネットの安全な利用を子どもに教えよう(2015.8.24掲載)

多くのインターネットサイトは子ども向けに作られたものではないため、子どもが避けるべきサイトもある。

ミシガン大学ヘルスシステムが、子どものインターネット閲覧について以下のように助言している。

・適切でないサイトがあることを子どもに説明し、どのサイトを見てもよいか話をする。不適切と思われるサイトがあれば避けることを教える
・個人情報をさらすことのないネット上のニックネームを子どもと一緒に考える
・パスワードを友達に知られてはならないことを教える。また、個人情報をオンラインで共有してはならないことを強調する
・チャットルームには入らないよう忠告する
・オンラインで出会った人はすべて親に紹介させる。直接会おうという誘いには絶対に応じてはならないことを十分理解させる
・オンラインで脅迫や不適切な行為をする人がいればすぐに親に知らせるよう教える
(HealthDay News 8月11日)

http://consumer.healthday.com/health-technology-information-18/misc-computer-health-news-150/health-tip-teach-children-about-internet-safety-701809.html
Copyright (c) 2015 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES

Search

記事カテゴリ