image_print
医療・健康ニュース/一口メモ/

職場でのランチの保管に注意(2015.8.31掲載)

職場に昼食を持ち込む場合、食中毒を避けるため安全に保管することが重要である。

米国栄養・食事療法学会(AND)は以下のように助言している。

・職場に着いたらすぐに食品を冷蔵庫に入れる。傷みやすい食品は約2時間で腐敗することもある
・冷蔵庫が利用できない場合、保冷バッグと保冷剤を使用する
・昼食を注文した場合や外で買ってきた場合は、置いたままにせず、すぐに食べるか、すぐに冷蔵庫に入れる
・人から食べ物を分けてもらうときは、腐りやすいものをどのくらい外に置いていたかをたずねる。2時間以上経っていた場合は捨てるよう勧める
(HealthDay News 8月19日)

http://consumer.healthday.com/vitamins-and-nutrition-information-27/food-poisoning-news-319/health-tip-avoid-food-poisoning-at-work-702078.html
Copyright (c) 2015 HealthDay. All rights reserved.

 

RELATED ARTICLES

Search

記事カテゴリ