image_print
医療・健康ニュース/一口メモ/

「ストレス日記」をつけよう(2015.10.8掲載)

ストレスを受けた状況と、そのときの自分の反応について日記をつけておくと、次にまたストレスとなる問題が起きたときに上手に対処することができる。

ウェブサイトHelpguide.orgでは、以下のような情報を記録しておくことを勧めている。

・ストレスの引き金になる可能性があるもの
・ストレスを受けたとき、身体的・感情的にどのように感じたか
・ストレスとなった各状況に対する自分の対応
・それぞれの状況を改善するために取った対策
(HealthDay News 2015年9月28日)

http://consumer.healthday.com/mental-health-information-25/stress-health-news-640/health-tip-keep-a-stress-journal-703313.html
Copyright (c) 2015 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES

Search

記事カテゴリ