image_print
医療・健康ニュース/一口メモ/

葉物野菜を安全に食べる方法(2016.1.7掲載)

生の葉物野菜を食卓に出すときは、ちょっとした料理のコツを守ることで、食中毒の危険性をグッと減らすことができます。そのポイントとは――

・野菜を扱う前に、石けんとお湯で20秒かけて手を洗うこと。
・腐っているように見えたら廃棄しましょう。傷んだ葉やしなびた葉は取り除きます。
・盛り付ける“直前”に、野菜を水で洗います(最近は、洗わずにそのまま食べられるものもありますね)。
・レタスやキャベツを洗うときは、最初に芯をくり抜きます。葉が巻いていないものは、ボウルや水切り器できれいな冷たい水に浸し、30秒間すすぎ、水を捨てることを2回以上繰り返しましょう。このとき、漂白剤、洗剤、石けんなどは絶対に入れてはいけません。
・ペーパータオルか水切り器を使って、しっかりと水分を切りましょう。

情報元:米国栄養・食事療法学会(AND)(HealthDay News 2015年12月31日)

http://consumer.healthday.com/public-health-information-30/food-safety-news-589/health-tip-prepare-leafy-greens-706278.html
Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES