image_print
医療・健康ニュース/一口メモ/

OTC薬の有害作用のリスクを避けるには(2016.1.28掲載)

一般用医薬品(OTC薬)は、医師の処方箋なしで買うことができます。しかし、全く危険がないというわけではありません。

OTC薬による有害作用のリスクを低減するためのアドバイスを紹介します。

・OTC薬は、本当に必要なときだけ使用するようにしましょう。使用前には医師に相談します。
・製品のラベルをよく読み、成分、リスク、作用機序を理解しましょう。疑問があれば医師や薬剤師に相談してください。計量器具が付属していればそれを使用して、指示どおりに正しく服用します。
・医師か薬剤師が許可した場合以外は、薬を食べ物や飲み物に混ぜてはいけません。絶対に、お酒と一緒には飲まないようにします。ビタミン剤を服用している場合は、薬を同時に飲むことは避けましょう。
・薬を飲んで有害反応がみられた場合は、症状のリストを作成し、医師に相談しましょう。

情報元:米国家庭医学会(AAFP)(HealthDay News 2016年1月20日)

http://consumer.healthday.com/general-health-information-16/misc-drugs-news-218/health-tip-reduce-your-risk-of-adverse-drug-reactions-706781.html
Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES