image_print
医療・健康ニュース/一口メモ/

目の疲れを予防するための対策(2016.3.7掲載)

何時間もパソコンのモニタを見つめていると、目に痛みや不快感が生じることがあります。疲れ目を予防するには、次のような対策が有効です。

・室内の照明とモニタの明るさを調整し、まぶしさを最小限に抑えましょう。
・モニタは、腕の長さ分ほど身体から離し、目の高さに来るように置きます。画面を見るのに顔を横に向ける必要がないようにしましょう。
・パソコンを使いながら資料などを読む必要があるときは、できるだけモニタの近くに置きましょう。
・正しい姿勢をとりましょう。膝は90度に曲げて足の裏全体を床につけ、背筋を伸ばし、両腕は椅子の肘掛けに載せます。
・こまめに休憩をとって目を休ませましょう。

情報元:米ペンシルバニア大学ペレルマン医学大学院の医療情報サイト、PennMedicine.com(HealthDay News 2016年2月29日)

http://consumer.healthday.com/eye-care-information-13/eye-and-vision-problem-news-295/health-tip-protect-your-eyes-from-fatigue-708205.html
Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES

Search

記事カテゴリ