image_print
医療・健康ニュース/一口メモ/

バランス感覚が低下する原因(2016.5.16配信)

以前に比べて両脚でしっかり立てなくなったと感じたら、何らかの病気のサインかもしれません。からだのバランスが悪くなる原因としては、以下のようなものが考えられます。

・パーキンソン病や多発性硬化症などの中枢神経系の障害。
・メニエール病など、めまいを引き起こす内耳の疾患。
・緑内障、白内障、黄斑変性症などの視覚障害。
・特に背中、大腿部、腹部などの筋力の低下。
・脚や足先の神経障害。

情報元:米ハーバード大学医学大学院(HealthDay News 2016年5月5日)

https://consumer.healthday.com/diseases-and-conditions-information-37/dizziness-and-vertigo-news-205/health-tip-wishing-for-better-balance-710163.html

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES

Search

記事カテゴリ