image_print
医療・健康ニュース/一口メモ/

虫刺されをなるべく避ける方法(2016.7.11配信)

虫に刺されると、蚊なら不快なかゆみが出る程度ですが、他の虫ではアレルギー反応を生じて極めて危険になることがあります。虫刺されをなるべく避けるため、しっかり対策を取りましょう。

・業者に依頼して、家の周囲にある虫の巣を駆除してもらいましょう。
・危険な虫を見つけたら、落ち着いてゆっくりと離れましょう。
・屋外で過ごすとき、香水をつけたり、明るい色の服を着たりすると、虫に花と間違えられる可能性があるので避けましょう。
・屋外では飲み物や甘い食べ物には蓋をしておきましょう。
・虫を踏んでしまったときに刺されないよう、爪先の開いていない靴を履きましょう。
・虫が服の中にもぐり込まないよう、ほどよくフィット感のある服を着ましょう。

情報元:米国アレルギー・喘息・免疫学会(AAAAI)(HealthDay News 2016年6月29日)

https://consumer.healthday.com/general-health-information-16/bites-and-stings-news-65/health-tip-avoiding-insect-stings-711970.html

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES