Ïɼ®
image_print
医療・健康ニュース/今日のニュース/

体重を落とせばがんリスクが低下する可能性(2016.7.25配信)

過体重または肥満の女性は、減量によりがん関連タンパク質の値が低下し、がん発症リスクが低減する可能性があることが、新たな研究で示された。VEGF、PAI-1、PEDFと呼ばれるタンパク質は、腫瘍が増殖するために必要な血管の成長を促進する働きがある。研究グループは、女性が体重を大きく落とすほど、これらのタンパク質の値が大幅に低下することを突き止めた。

研究を率いた米フレッド・ハッチンソンがん研究センター(シアトル)のCatherine Duggan氏によると、一般に、減量により乳がん、大腸がん、前立腺がんのリスクは最大20%低減するとされるが、その要因として、脂肪組織中の炎症関連因子の減少だけでなく、これらのタンパク質の値の低下も挙げられる可能性があるという。

体重が増えると、脂肪に酸素と栄養を運ぶ新たな血管が必要となるため、血管新生を促すタンパク質も増大する。このタンパク質ががんの原因になるかどうかは明らかにされていないが、腫瘍が増殖を始めるのに適した環境をつくると考えられている。

今回の研究では、過体重および肥満の閉経後女性439人(50~75歳)を4つのグループのいずれかに無作為に割り付けた。各群は、1日2000kcal以下に制限する食事療法群、週5日の中等度または高強度の運動を行う有酸素運動プログラム群、食事療法と運動の併用群、またはいずれも実施しない群であった。研究開始時と1年後、被験者の血液を採取した。

その結果、体重、年齢、人種、民族について調整してもなお、食事療法と運動を併用した群では2~11%の体重減少がみられたのに対し、これらのプログラムに参加しなかった群の体重減少は1%未満であった。さらに、食事療法も運動もしなかった群に比べて、食事療法群または食事療法・運動併用群では血管新生を促すタンパク質の値が有意に低かった。しかし、運動のみの群ではこの効果は認められなかったという。この報告は「Cancer Research」7月15日号に掲載された。

米国がん協会(ACS)のVictoria Stevens氏は、このタンパク質の値をどの程度まで低下させればがんリスクを低減できるのかはわかっていないと述べている。腫瘍への血液供給の遮断はこれまでも試みられているが、一致する結果は得られていないという。しかし、「肥満または過体重の人でがんリスクが高いことは知られており、減量によりそれを避けることはがんリスク低減のためによいはずである」と、Stevens氏は指摘している。(HealthDay News 2016年7月14日)

https://consumer.healthday.com/cancer-information-5/breast-cancer-news-94/weight-loss-might-reduce-cancer-risk-study-712870.html

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES