image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病/

糖尿病前症の血糖管理にはジョギングよりも「早歩き」が有効(2016.7.25配信)

糖尿病前症の血糖コントロールには、早歩きがジョギングよりも優れるとの研究結果が、「Diabetologia」7月15日電子版に掲載された。

米デューク大学のKraus氏らは、糖尿病前症患者150人を(1)週12kmの早歩きによる中強度運動+食生活改善群と(2)週12kmの早歩き群、(3)週18.5kmの早歩き群、(4)週12kmのジョギングによる高強度運動群-の4群にランダムに割り付け比較検討した。その結果、6カ月後の経口ブドウ糖負荷試験による耐糖能は、早歩き+食生活改善群では9%改善し、早歩き週18.5km群では7%、週12km群では5%、ジョギング週18.5km群では2%改善した。(HealthDay News 2016年7月21日)

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES