image_print
医療・健康ニュース/一口メモ/

ホルモンが女性の歯の健康に影響(2016.8.8配信)

女性では生涯を通じて、ホルモンの影響で歯の健康に問題が生じる可能性があります。以下のような症状に注意しましょう。

・思春期には、ホルモンが歯ぐきの出血、赤み、腫れを誘発することがあります。
・月経中は、歯ぐきの出血や腫れ、唾液腺の腫れ、口内炎が生じることがあります。月経が終われば症状は軽減します。
・経口避妊薬を服用している女性は、口腔手術後にドライソケット(抜歯後歯槽骨炎)を発症しやすい場合があります。
・妊娠中は、歯ぐきの腫れ、痛み、圧痛、赤みなどのみられる歯肉炎になる可能性があります。

このような症状に対処するには、毎日の歯みがきやフロスを欠かさず、定期的に歯科医の診察を受けることが大切です。

情報元:米国歯科医師会(ADA)(HealthDay News 2016年7月26日)

https://consumer.healthday.com/women-s-health-information-34/female-hormones-health-news-388/health-tip-hormones-can-affect-women-s-dental-health-712918.html

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES

Search

記事カテゴリ