image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

肥満でなくても生活習慣病になりやすいのは「骨格筋のインスリン抵抗性」が関与か -順天堂大の研究グループ(2016.8.3配信)

日本人男性では、BMI 23~25kg/m2の非肥満体型であっても、高血圧・高血糖・脂質異常症のリスク因子を1つでも有していると、骨格筋にインスリン抵抗性が生じていることを、順天堂大学大学院代謝内分泌内科学・スポートロジーセンターの田村好史氏らの研究グループが解明した。

非肥満者の代謝異常を予防するには骨格筋インスリン抵抗性の改善が鍵になるという。また、肝脂肪や軽度な肝機能異常が骨格筋インスリン抵抗性の簡便な指標になりうることも判明した。詳細は「Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism」オンライン版に7月6日掲載された。(HealthDay News 2016年8月3日)

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES