image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

下肢切断後の糖尿病患者の予後予測にはbaPWVが有用 -東京女子医大の研究グループ(2016.8.8配信)

上腕足首間脈波伝播速度(baPWV、m/s)が、非外傷性下肢切断後の糖尿病患者における全死亡の予測に有用な可能性が、東京女子医科大学糖尿病センターの井倉和紀氏らの検討でわかった。一方で、足関節上腕血圧比(ABI)は全死亡の予測には適切ではない可能性も示された。「Journal of Diabetes Investigation」7月16日電子版に掲載の論文。

同氏らは、2004~2014年の同センターにおける非外傷性下肢切断後の糖尿病患者102人(平均年齢63歳)のデータを後ろ向きに解析し、baPWVおよびABIの予後予測因子として有用性を検証する観察研究を行った。(HealthDay News 2016年8月8日)

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES