image_print
医療・健康ニュース/一口メモ/

バーベキューでは食材の扱いに注意(2016.9.8配信)

バーベキューをするときは、食材の相互汚染を防ぐことが重要です。生ものと加熱後の食材をしっかり分けて食中毒を予防しましょう。

・使用前に、グリルがきれいかどうかを確認しましょう。食べ物のかすは残さずに取り除きましょう。
・加熱済みの食材を、生の食材を乗せた皿に戻してはいけません。皿をお湯と洗剤で洗うか、別の皿に替えましょう。
・焼けた食材を裏返すトングなどの器具は、生の食材を扱ったものとは別にするか、よく洗ってから使用しましょう。
・生肉を漬けていたタレを加熱済みの肉にかけてはいけません。

情報元:米国栄養・食事療法学会(AND)(HealthDay News 2016年8月26日)

https://consumer.healthday.com/public-health-information-30/food-safety-news-589/health-tip-keeping-foods-separate-during-grilling-713808.html

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES