image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

糖尿病重症化予防に独自の保健指導プログラムを開発-青森県(2016.9.9配信)

青森県は、糖尿病の重症化予防対策として、大自然や温泉、地元食材など同県ならではの観光資源と宿泊施設を利用した宿泊型の保健プログラム「いーじゃ青森健康体感ツアー」を開発した。9月、10月のプランへの参加者を募集している。

短命県返上として知られる同県では、2014年から2年連続で糖尿病死亡率が全国ワースト1位だったことを受け、糖尿病重症化予防対策に取り組んでいる。ツアーは1泊2日、日帰りプランがあり、糖尿病リスクが高い人を対象に、大自然のなかでウォーキングをしたり、管理栄養士が監修したヘルシー食を楽しみながら、専門家から運動や食事など生活習慣改善のポイントも学ぶことができる。(HealthDay News 2016年9月9日)

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES