1-1-hdn9%e6%9c%8815%e6%97%a5%e3%80%8c%e4%bb%8a%e6%97%a5%e3%81%ae%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%80%8dno-2
image_print
医療・健康ニュース/今日のニュース/

鼻スプレー型インフルエンザワクチンは避けるべきとの勧告 ―米AAP(2016.9.15配信)

間もなくインフルエンザシーズンが到来するが、鼻スプレー型のインフルエンザワクチンは効果が低いため使用すべきではないとの見解を、米国小児科学会(AAP)が発表した。AAPの最新の方針声明によると、2016~17年のインフルエンザシーズンには、生後6カ月以上の小児はもれなく季節性インフルエンザの予防接種を受ける必要があるという。

今回の声明は、今シーズンは鼻スプレー型ワクチンを使用すべきでないとする米国保健当局の勧告を支持するものだ。声明の共著者の1人であるHenry Bernstein氏は、「新たな研究で、近年のインフルエンザシーズンでは鼻スプレー型ワクチンに比べ、注射のほうが有意に優れた予防効果が得られることが示されている」と述べている。

米国疾病管理予防センター(CDC)の予防接種諮問委員会(ACIP)によると、2015~16年、鼻スプレー型ワクチンの2~17歳の小児における有効性はわずか3%であったのに対し、注射型ワクチンは63%であったという。「われわれは小児にできる限り最善のインフルエンザ予防を提供したいと考えている。最近の研究から、注射型ワクチンのほうが高い保護効果を得られる可能性が高いことが示されている」と、Bernstein氏は付け加えている。

AAPはさらに声明のなかで、特定集団へのワクチン接種に特に力を入れるよう勧告している。たとえば、全ての医療従事者、インフルエンザによる合併症リスクを上昇させる疾患をもつ小児~10代、米国先住民の小児、5歳未満(特に2歳未満)の小児を含むハイリスク児に接触する家族や保育者などが対象となる。

妊娠中および授乳中の女性もワクチンを接種する必要があるという。インフルエンザの予防接種は妊娠中のどの時期に受けても安全とされている。また、妊婦はインフルエンザによる合併症のリスクが高いため、予防接種が重要である。妊婦がワクチンを受けることで、生まれる児にも生後6カ月まで予防効果が得られる。また、授乳でも新生児の予防効果を高めることができると、米シアトル小児病院のWendy Sue Swanson氏は述べている。

医療機関は遅くとも10月からインフルエンザ予防接種の提供を開始し、6月30日まで継続する必要があるという。この声明は「Pediatrics」オンライン版に9月6日掲載された。(HealthDay News 2016年9月6日)

https://consumer.healthday.com/infectious-disease-information-21/flu-news-314/pediatricians-group-advises-against-nasal-flu-vaccine-714431.html

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES