image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

高GI食の継続摂取が肝脂肪蓄積とグリコーゲン貯蔵をもたらす(2016.9.14配信)

健康な成人が高グリセミック指数(GI)食を1週間摂取し続けると、低GI食に比べて肝脂肪蓄積とグリコーゲン貯蔵が増加するとの研究結果が、「Diabetes, Obesity and Metabolism」9月4日電子版に掲載された。

英ノッティンガム大学のBawden氏らは、健康な男性8人を対象に、主要栄養素とエネルギー量を一致させた高GI食または低GI食の介入を7日間行うクロスオーバー試験を実施。その結果、低GI食に比べて高GI食摂取後には血糖値やインスリン値が有意に増加。高GI食摂取後には肝臓のグリコーゲン濃度が有意に増加し、肝脂肪蓄積量も低GI食に比べて有意に増加していた。(HealthDay News 2016年9月9日)

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES