1-2-hdn9%e6%9c%8820%e6%97%a5%e3%80%8c%e3%83%98%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%80%8dno-2
image_print
医療・健康ニュース/ハイライト/

「定期的な運動習慣」の価値を金額に換算すると…(2016.9.20配信)

定期的な運動習慣をもつことにより、心疾患のある平均的な成人患者では年間2,500ドル(約25万5,000円)、心疾患のない健康な人でも年間約500ドル(約5万1,000円)、医療費を節約できることがわかった。

研究を実施した米バプテスト・ヘルス・サウス・フロリダのKhurram Nasir氏らは、18歳以上の米国人2万6,000人超の2012年のデータを追跡した。心疾患患者の約3分の1、および心疾患のない人の半数は、標準ガイドラインでの中等度~強度の週間運動量を満たしていると回答した。

意外なことではないが、全体的にみると、心疾患患者では医療費が多くかかっていた。しかし、推奨運動量を満たしていた心疾患患者のほうが、満たしていなかった患者よりも年間医療費は平均2,500ドル少なかった。また、心疾患のない人や心疾患のリスク因子が1つだけの人でも、運動をしていれば年間医療費が約500ドル少なくなることがわかった。

Nasir氏は、「適切な身体活動は、疾患リスクや医療費を低減するための最良の薬ということだ。心疾患や脳卒中と診断された患者などのハイリスク群であっても、定期的に運動していれば、入院や救急科受診、処方薬を必要とするリスクがはるかに低いことがわかった」と述べ、活動量の低い心疾患患者のうち20%が運動目標を達成すれば、米国の医療費を年間数十億ドル節約できると推定している。

米国心臓協会(AHA)では現在、中等度の有酸素運動(早歩き・大掃除など)を30分・週5日、または強度の有酸素運動(ランニングやエアロビクスなど)を25分・週3日、もしくはその2つを組み合わせることを勧めている。

研究結果は「Journal of the American Heart Association」オンライン版に9月7日掲載された。(HealthDay News 2016年9月8日)

https://consumer.healthday.com/fitness-information-14/misc-health-news-265/what-s-exercise-worth-to-you-maybe-2500-per-year-714523.html

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES