image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

糖尿病重症化予防をめざし、栃木県と医師会、保険者協が連携協定(2016.9.23配信)

全国でも糖尿病患者数が多い栃木県では、糖尿病の重症化予防に向けた取り組みを推進するため、栃木県と県医師会、県保険者協議会の3者が20日、連携協定を締結した。

今年中には「栃木県糖尿病重症化予防プログラム」を策定し、3者の連携を強化。特定健診受診者のレセプトや健診データをもとに重症化リスクの高い人を抽出し、保健指導や医療機関への受診勧奨を積極的に行うことで重症化を予防するのがねらい。プログラムは来年初めにも施行する見通し。(HealthDay News 2016年9月23日)

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES

Search

記事カテゴリ