image_print
医療・健康ニュース/一口メモ/

煙感知器の設置と定期的な点検を忘れずに(2016.9.29配信)

室内に煙感知器を設置することは、家族を守るためにできる重要な対策の1つです。以下のアドバイスを参考に、点検も怠らないようにしましょう。

・全ての部屋に煙感知器を設置しましょう。全ての階の寝室、および寝室の外側にも設置しましょう。
・煙感知器が作動するとどんな音が鳴るのか、それを聞いたら何をすればよいかを、子どもに教えておきましょう。
・月1回は機器の点検を行い、少なくとも年1回はバッテリーを交換しましょう。10年ごとに新しい煙感知器に買い替えましょう。
・煙感知器のスイッチを決して切らないようにしましょう。
・煙感知器の代用として一酸化炭素警報器を使用することは避けましょう。この2つは目的が異なります。それぞれがどのように機能し、なぜ必要なのかを知っておきましょう。

情報元:米国赤十字社(ARC)(HealthDay News 2016年9月15日)

https://consumer.healthday.com/public-health-information-30/fire-safety-news-588/health-tip-install-smoke-detectors-at-home-714397.html
Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES

Search

記事カテゴリ