image_print
医療・健康ニュース/一口メモ/

医師に話しておくべき情報とは?(2016.10.3配信)

かかりつけの医師や医療提供者に自分の病歴などを詳しく伝えておけば、健康を維持するうえで大きな助けとなります。以下のような情報は、包み隠さず医師に話すようにしましょう。

・現在治療を受けている病気以外の健康状態。
・現在使用している薬剤、漢方、サプリメント。
・薬剤、食品、その他の成分へのアレルギー。
・薬剤を使用するうえでの問題。
・妊娠している、またはその可能性がある、妊娠を計画している、授乳しているかどうか。
・低糖質食や低ナトリウム食など、特定の食事療法をしているかどうか。

情報元:米クリーブランド・クリニック(HealthDay News 2016年9月20日)

https://consumer.healthday.com/general-health-information-16/doctor-news-206/health-tip-be-open-with-your-doctor-714671.html

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES