Sehr dicker Mann mit erheblichem Übergewicht präsentiert sich der Kamera
Fat man isolated on white
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

腹部脂肪の量と密度が心血管への悪影響に関連する -米で新たなエビデンス(2016.10.3配信)

腹部の脂肪組織、とくに内臓脂肪は心血管疾患のリスクを高めるが、脂肪密度の減少によってもリスクが上昇する可能性が、「Journal of the American College of Cardiology」10月4日号に掲載の論文で報告された。

米国立心肺血液研究所(NHLBI)のFox氏らは、フラミンガム心臓研究に参加し、CT検査で腹部の脂肪組織量を測定した成人男女(平均年齢45歳)1,106人のデータを収集、解析した。6年以上の調査の結果、腹部脂肪量の増加や脂肪密度の減少に伴って、高血圧やメタボリック症候群などの心血管疾患リスクが上昇した。皮下脂肪に比べて内臓脂肪の増加が心血管リスクの上昇と関連していた。(HealthDay News 2016年9月27日)

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES