o-161008
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

活動量計の効果に疑問 -短期的なインセンティブでは運動量は増えない可能性も(2016.10.13配信)

活動量計はインセンティブが得られても、健康転帰の改善に十分な運動量の増加にはつながらないとの研究結果が、「Lancet Diabetes & Endocrinology」10月4日電子版に掲載された。

デューク国立大学(シンガポール)のFinkelstein氏らは、21~65歳の勤労者800人を対象に、(1)Fitbit ZipTM群、(2)金銭的インセンティブ併用群、(3)チャリティー・インセンティブ併用群、対照群の4群にランダムに割り付けて12カ月間追跡した。その結果、6カ月後の身体活動量は金銭的インセンティブ群で最も増加したが、報酬がなくなるとこの効果は消失。12カ月後にはインセンティブ群の身体活動量は開始時点よりも低下した。介入による体重、血圧、QOLなどの改善はみられなかった。(HealthDay News 2016年10月5日)

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES