ààß
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

LDL-C低下に関与する遺伝子変異が2型糖尿病リスクを高める-英研究(2016.10.14配信)

LDL-コレステロール(LDL-C)の低下に関与する遺伝子変異が、2型糖尿病リスクの増加と関連するとの研究結果が、「Journal of the American Medical Association(JAMA)」10月4日号に掲載された。

英ケンブリッジ大学のLotta氏は、LDL-C低下に関与する遺伝子変異と2型糖尿病および冠動脈疾患(CAD)との関連を検討するため、2型糖尿病患者5万人強とCAD患者6万人強、それぞれの対照群のデータを用いてメタ解析を行った。その結果、NPC1L1遺伝子変異とCADは逆相関を示し、2型糖尿病とは正の相関を示した。(HealthDay News 2016年10月6日)

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES