Annoyed young teen with folded arms
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

思春期のBMIがその後の糖尿病による死亡リスクを予測 -イスラエルの若年者約230万人を追跡(2016.10.21配信)

思春期のBMIから中年期の糖尿病による死亡リスクを予測できるとの研究結果が、「Diabetes Care」10月12日電子版に掲載された。

Sheba医療センター(イスラエル)のTwig氏らは、1967~2010年に約230万人の若年者のBMIを測定し、中年期の糖尿病による死亡率との関連を追跡調査した。その結果、追跡期間中(中央値18.4年)に糖尿病による死亡は481例(平均死亡年齢50.6±6.6歳)確認された。BMI 20.0~22.4にかけて糖尿病死亡率が増加し、死亡率は過体重や肥満と相関していた。17歳時点で過体重および肥満だった集団の推定死亡率は、1967~1977年の31.2%から2012~2014年には52.1%に増加した。(HealthDay News 2016年10月17日)

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES