image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病/

糖尿病患者は30分ごとに軽い運動を――ADAの新ガイドライン(2016.11.2配信)

糖尿病患者は、これまで推奨されてきたよりも、より頻繁に身体を動かすべきとする新しいガイドラインが発表された。

米国糖尿病学会(ADA)による最新のガイドラインによると、血糖コントロールを改善するには、糖尿病患者、とくに2型糖尿病患者では、パソコンの使用やテレビ視聴による座りがちな時間が長引く場合には、30分ごとに3分間以上の軽い運動を行うべきだとしている。

軽い運動には、手足を伸ばすストレッチ、その場で足踏みや足上げをする、胴体をひねる、サイドランジと呼ばれる片足に重心をかけてしゃがみこむ運動などが含まれる。なお、ADAはこれまで軽い運動を90分ごとに行うよう勧告していた。

「今回改訂されたガイドラインでは、血糖コントロールの質を向上させるためには、1日に少なくとも30分間は身体を確実に動かすように強調している」と、ガイドラインの作成を主導したADAの運動コンサルタントを務めるSheri Colberg氏は述べている。

これらの運動は通常の運動に加えて行うべきで、糖尿病患者はより活動的に過ごすことが推奨されている。「実際に何をすればよいかを示している点で、このガイドラインは優れている」と、同氏は説明している。

このガイドラインでは、有酸素運動、筋肉トレーニング、柔軟性や平衡感覚を鍛えるトレーニングのほか、日常生活での運動も重視しており、それぞれの運動にどういった効果があるのかを詳細に解説している。

たとえば、有酸素運動は2型糖尿病患者の血糖値の改善や減量、心疾患リスクの低減に有効であり、定期的な有酸素運動や筋肉トレーニングは、1型糖尿病患者においてインスリン感受性の改善や心臓を強くしたり、筋肉を強化するなどのベネフィットをもたらすとしている。

また、妊娠糖尿病の女性には有酸素運動や筋肉トレーニングが推奨されており、糖尿病前症の人には、運動と生活習慣の改善を組み合わせることで2型糖尿病への進展を予防することが強く勧められている。さらに、運動中の血糖値をどのようにモニタリングするべきか、その方法についても述べられている。

180件以上の研究と糖尿病や運動の専門家から得られた情報に基づいて作成されたこのガイドラインは、「Diabetes Care」11月1日号に掲載された。(HealthDay News 2016年10月26日)

https://consumer.healthday.com/diabetes-information-10/diabetes-management-news-180/new-guidelines-urge-diabetics-to-move-more-716205.html

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES

Search

記事カテゴリ