image_print
医療・健康ニュース/一口メモ/

痛風予防は食事と体重管理が鍵(2016.11.17配信)

体内に正常値を超える尿酸(細胞による自然の副産物)が蓄積されると、痛風と呼ばれる関節炎になることがあります。以下の注意事項を守って痛風発作のリスクを低減しましょう。

・医師から勧められた薬はもれなく服用しましょう。
・アスピリンは今飲んでいる薬の効果を妨げることがあるため、使用する前に医師に相談しましょう。
・標準よりも太っている場合は減量しましょう。
・糖尿病、高コレステロール血症、高血圧などの疾患をしっかりコントロールしましょう。
・塩分と脂肪分の少ない食品を摂りましょう。
・十分な水分を摂り、アルコールは避けましょう。
・プリン体(分解されると尿酸がつくられる)の摂取を控えましょう。たとえば、内臓肉(腎臓、肝臓)、アンチョビ、イワシ、ニシン、サバ、ホタテなどはプリン体の多い食品です。

情報元:米国家庭医学会(AAFP)(HealthDay News 2016年11月4日)

https://consumer.healthday.com/bone-and-joint-information-4/gout-news-338/health-tip-help-ward-off-gout-715968.html

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES