image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

よく噛める人ほどメタボリック症候群になりにくい -咀嚼能率とメタボ罹患との関連を日本人で検証(2016.11.14配信)

よく噛める人ほどメタボリック症候群になりにくいことが、新潟大学と大阪大学、国立循環器病研究センターらの共同研究グループの検討でわかった。吹田スタディの参加者中、50~70歳代の男女1,780人を対象に歯周病検査と専用グミゼリーを30回噛んだのちに増えた表面積を算出して咀嚼能率を評価。その結果、対象者を咀嚼能率で4群に分けると、最も咀嚼能率が高い群に比べて咀嚼能率が2番目に低い群でメタボリック症候群リスクが1.46倍であった。70歳代の男女では、咀嚼能率が低下した3群すべてでメタボリック症候群リスクが1.67~2倍近くに高まっていた。「Journal of Dentistry」10月25日電子版に掲載の論文。(HealthDay News 2016年11月14日)

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES