image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

「糖尿病が強く疑われる者」の割合は、男性19.5%、女性9.2% ――2015年の国民健康・栄養調査(2016.11.16配信)

厚生労働省が14日発表した2015年「国民健康・栄養調査」の結果によると、「糖尿病が強く疑われる者」の割合は男性19.5%、女性9.2%と、ここ10年間で男女ともに有意な変化はみられないが、男性は昨年の15.5%から4ポイント増加していることがわかった。肥満(BMI 25以上)の割合は男性29.5%、女性19.2%であり、女性では肥満率の有意な低下が認められ、とくに20歳代の女性ではやせ(BMI 18.5未満)の割合が高かった(22.3%)。なお、調査は2015年11月に5,327世帯を対象に行われた。(HealthDay News 2016年11月16日)

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES

Search

記事カテゴリ