image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

2型糖尿病患者のアスピリン一次予防に「効果なし」――JPAD2研究(2016.11.28配信)

心血管疾患リスクが高い日本人2型糖尿病患者では、心血管イベントの一次予防を目的とした低用量アスピリン療法の効果は認められないばかりか、消化管出血リスクを上昇させることが、奈良県立医科大学第1内科の斎藤能彦氏らによるJPAD研究グループの検討でわかった。米ニューオーリンズで開かれた米国心臓協会(AHA)年次集会で11月15日に発表され、論文が「Circulation」電子版に同日掲載された。

JPAD研究に参加した2型糖尿病患者2,539人を追跡調査(中央値10.3年)した結果、低用量アスピリンによる心血管疾患の予防効果は認められず、アスピリン療法群では非投与群に比べて消化管出血が増加していた。(HealthDay News 2016年11月28日)

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES