image_print
医療・健康ニュース/一口メモ/

医薬品と食品の相互作用に注意(2016.12.5配信)

一般的な医薬品の多くは、食品との相互作用によって副作用を引き起こしたり、効き方が変化したりすることがあります。薬を飲むときは以下のようなポイントに注意しましょう。

・薬を飲む前にラベルの表示をよく読みましょう。わからないことがあれば薬剤師か医師に尋ねましょう。
・市販薬、処方薬のいずれの場合でも、ラベルを読んで相互作用に関する注意、指示、警告を確認しましょう。
・ほかに指示のない限り、薬はコップ1杯の水で飲みましょう。
・医師からの指示がない限り、錠剤やカプセルは割ったり砕いたりしてはいけません。食品や熱い飲みものに混ぜることも避けましょう。
・ビタミン剤やサプリメントと一緒に飲むのはやめましょう。
・アルコールと一緒に飲んではいけません。

情報元:米国家庭医学会(AAFP)(HealthDay News 2016年11月22日)

https://consumer.healthday.com/general-health-information-16/misc-drugs-news-218/health-tip-be-aware-of-drug-and-food-interactions-716733.html

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES