o-161210
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

健康的な食生活で慢性腎臓病患者の余命が延長――イタリア研究(2016.12.14配信)

健康的な食生活を送ると、慢性腎臓病(CKD)患者はより長生きできる可能性があることが、「Clinical Journal of the American Society of Nephrology」12月8日電子版に掲載の論文で報告された。

バーリ大学(イタリア)のStrippoli氏らは、7件の研究(解析対象症例は1万5,285例)をメタ解析し、果物や野菜、魚類、豆類、シリアル、全粒穀物、食物繊維が豊富な食生活が予後におよぼす影響を調べた。その結果、6件の研究で、健康的な食生活は早期死亡率の20~30%低下と関連することがわかった。一方で、こうした食生活と腎不全リスクとの間に有意な関連はみられなかった。(HealthDay News 2016年12月9日)。

Copyright (c) 2016 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES