o-170105
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

米国内科学会(ACP)が2型糖尿病治療ガイドラインを改訂――メトホルミンを第一選択薬に推奨

米国内科学会(ACP)が、成人2型糖尿病患者に対する経口血糖降下薬のガイドラインを改訂し、「Annals of Internal Medicine」1月3日電子版に掲載された。

ACPのQaseem氏らは、経口血糖降下薬の有効性を検討したランダム化比較試験や観察研究のシステマティック・レビューを行い、ガイドラインを改訂。血糖コントロール改善を目指した第一選択薬にはメトホルミンを、第二選択薬にはSU薬、チアゾリジン系薬、SGLT-2阻害薬、DPP-4阻害薬を推奨。薬剤選択の際には、医師と患者は各薬剤のベネフィットと副作用の可能性、コストなどについて十分に話し合うべきだとしている。(HealthDay News 2017年1月3日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES