metabolic syndrome
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

肥満者では耐糖能が正常でも脂肪組織におけるインスリン抵抗性が増大する――米研究

肥満者では、耐糖能が正常でも、インスリンによる抗脂肪分解作用(Adipo-IR)への抵抗性が増大するとの研究結果が、「Diabetes」電子版に1月4日掲載された。

米テキサス大学サンアントニオ健康科学センターのGastaldelli氏らは、正常耐糖能(NGT)または耐糖能異常(IGT)、2型糖尿病と耐糖能が異なる302人を対象に、Adipo-IR、末梢インスリン抵抗性、膵β細胞の機能を評価。その結果、空腹時のAdipo-IRはやせ型のNGT群に比べて肥満のNGT群およびIGT群では2倍、2型糖尿病では3倍に高まることがわかった。(HealthDay News 2017年1月9日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES