4.1.1
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

糖尿病患者では結膜炎リスクが高まる可能性――英研究

糖尿病患者では結膜炎の発症率が増加するとの研究結果が、「Diabetes Care」12月29日電子版に掲載された。

英サリー大学のAnsari氏らは、(1)糖尿病の有無と眼の感染症の発症率との関連を調べるコホート研究と(2)糖尿病患者を対象に血糖コントロールの眼の感染症への影響を調べるコホート研究を実施。非糖尿病者93万8,440人と糖尿病患者4万8,584人(1型3,273人、2型4万5,311人)を対象とした。その結果、1型および2型糖尿病は、複数因子を調整後も結膜炎の発症率と有意に関連したが、眼瞼炎や麦粒腫などの他の感染症との関連はみられなかった。血糖コントロールはいずれの眼感染症とも関連しなかった。(HealthDay News 2017年1月6日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES