image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

肥満細胞の増殖を抑制し、肥満を抑える「糖鎖」を発見――理研

「α2,6シアル酸」をもつ糖鎖が、肥満細胞の増殖の抑制に働き、肥満を抑えていることを、理化学研究所グローバル研究クラスタ疾患糖鎖研究チームの蕪木智子氏、木塚康彦氏と谷口直之氏らの研究グループがマウスを用いた研究で突き止めた。α2,6シアル酸は、肥満と関連が深い糖尿病や高血圧などの生活習慣病の新しい治療標的になりうるという。「The Journal of Biological Chemistry」2016年12月28日電子版に掲載の論文。

研究グループは「ST6GAL1と呼ばれる酵素がつくるα2,6シアル酸をもった糖鎖は、インテグリンβ1などの働きを調整し、脂肪細胞の増殖と肥満を抑えることがわかった」と結論づけている。(HealthDay News 2017年1月20日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES

Search

記事カテゴリ