image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

「1-ケストース」が腸内環境やインスリン抵抗性を改善する――名大らの研究グループ

機能性オリゴ糖の「1-ケストース」を摂取したラットでは、腸内細菌のうち乳酸菌や酪酸産生菌が増加して腸内環境が改善するほか、インスリン抵抗性も改善することがわかった。名古屋大学大学院生命農学研究科栄養生化学研究分野の下村吉治氏らの研究グループが、物産フードサイエンス(株)との共同研究で明らかにしたもの。1-ケストースの活用で、生活習慣病やメタボリック症候群の予防や改善効果が得られる可能性がある。「PLOS ONE」2016年11月18日電子版に掲載の論文。

研究グループは、ラットに異なる1-ケストース含有量(0、0.5、1、2.5、5%)の食事を4週間摂取させ、腸内細菌数の変化や産生される短鎖脂肪酸量を詳細に解析した。(HealthDay News 2017年1月17日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES

Search

記事カテゴリ