4.1.1
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

糖尿病網膜症の発症予防に減量手術が有効か――イタリア研究

減量手術を行った肥満を伴う2型糖尿病患者では、薬物治療を行った患者に比べて新たに糖尿病網膜症を発症する患者数が少ないとの研究結果が、「Obesity Reviews」1月13日電子版に掲載された。

伊ミラノ大学のMerlotti氏らは、薬物治療または減量手術を行った肥満合併2型糖尿病患者を対象に、糖尿病網膜症の発症率や進展度を比較するため、7件の研究のメタ解析を実施した。その結果、減量手術群では薬物治療群に比べて新たに糖尿病網膜症を発症する患者数が少なかった。網膜症スコアの変化には両群間で差はみられなかった(3研究)。なお、網膜症の進行と再発に関するデータを含んだ研究は2件のみであった。(HealthDay News 2017年1月18日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES