image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

特定健診・保健指導の運用見直しを議論――厚労省

厚生労働省はこのほど、「保険者における健診・保健指導等に関する検討会」の議論をまとめ、第3期(2018~2023年度)特定健康診査・保健指導の運用見直しの結果をとりまとめた。

特定健診の項目や特定保健指導対象者の選定基準は現行を維持するが、特定健診では血中脂質検査や血糖検査など一部項目で若干見直しを行う。保健指導では、腹囲が基準未満でリスク要因がある人への対応については引き続き検討を行うとしている。また、かかりつけ医と保険者との適切な連携を促し、受診者本人の同意のもとで保険者が診療の検査データの提供を受け、特定健診結果として円滑に活用できるようルールを整備することなどが盛り込まれた。(HealthDay News 2017年1月25日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES