image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

「適度に友人と会うこと」が高齢者の血糖コントロールに好影響 ――広島大の研究グループ

約1万人の65歳以上の日本人高齢者を対象とした調査で、友人と月に1~4回ほど適度に会う人では、ほとんど会わない人に比べて、血糖コントロールが不良となるリスクが半減することがわかった。一方で、頻繁に(週2回以上)友人と会うことや社会的支援、配偶者の有無などは血糖コントロールに影響を及ぼさなかった。広島大学病院総合内科・総合診療科/ハーバード公衆衛生大学院の横林賢一氏らの研究グループが、「PLOS ONE」1月6日電子版に発表した。

研究グループは、住民ベースの横断研究(JAGES)2010と健診データを用いて得られた65歳以上の9,554人を対象に、コントロール不良の糖尿病と社会的な関わりとの関連を調べた。(HealthDay News 2017年1月27日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES