image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

異種動物体内に作製された膵島の移植で糖尿病治療に成功――東大医科研

東京大学医科学研究所幹細胞治療研究センター幹細胞治療分野の山口智之氏らの研究グループは、人工多能性幹細胞(iPS細胞)などの多能性幹細胞を用いて、遺伝子改変により膵臓をつくれなくしたラットの体内にマウスの膵臓を作製し、この膵臓から分離した膵島を糖尿病モデルマウスに移植することで血糖値の正常化に成功した。正常な血糖値は1年以上維持された。種が異なる動物で作製した臓器を用いて糖尿病の治療効果を確認したのは世界で初。これにより、多能性幹細胞を利用して、胚盤胞補完法により異種動物体内でつくった臓器を用いる移植治療の実現性が高まった。「Nature」1月26日電子版に掲載の論文。(HealthDay News 2017年1月31日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES

Search

記事カテゴリ