o-170203
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

糖尿病の死亡への寄与度は予測を上回る――米調査

糖尿病で死亡する米国人は、これまで考えられていたよりも多いことが、「PLOS ONE」1月25日電子版に掲載の論文で報告された。糖尿病は心疾患、がんに次いで死因の第3位に位置するという。

米ペンシルベニア大学のPreston氏は、1997~2009年の国民健康インタビュー調査(NHIS)および1999~2010年の国民健康栄養調査(NHANES)に参加した30~84歳の各約28万2,000人、約2万1,000人を対象に、2011年まで追跡した。解析の結果、死因の約12%は糖尿病であったほか、糖尿病をもたない人に比べて、糖尿病患者では死亡率が90%高いことがわかった。(HealthDay News 2017年1月25日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES