image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

うつ病既往がある妊娠糖尿病患者では産後うつリスクが高い――米研究

妊娠糖尿病患者では初産後のうつ病リスクが高いが、うつ病の既往があると、既往がない女性に比べて産後うつリスクが20倍以上であるとの研究結果が、「Depression and Anxiety」1月18日電子版に掲載された。

米マウントサイナイ・アイカーン医科大学のSilverman氏らが、1997~2008年に、スウェーデン人女性7万人以上のデータを解析した結果、うつ病既往があると、既往がない女性に比べて産後うつのリスクが約20倍であることがわかった。産後うつリスクは、加齢、妊娠糖尿病でも増加した。うつ病の既往がある女性では、妊娠前の糖尿病と妊娠32~36週の早産も産後うつリスクを増加させた。(HealthDay News 2017年1月23日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES

Search

記事カテゴリ