o-170218
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

腹部肥満で心疾患や2型糖尿病リスクが高まる――米研究

お腹周りに脂肪がたまる「リンゴ型」の体型になりやすい遺伝子変異をもつ人では心疾患や2型糖尿病リスクが高まるとの研究結果が、「Journal of the American Medical Association(JAMA)」2月14日号に掲載された。

米マサチューセッツ総合病院のEmdin氏らは、これまで同定されているウエスト・ヒップ比に関連した48個の遺伝子変異に基づくリスクスコアを開発。健康調査に参加した40万人強の成人に適用させた。その結果、遺伝的に腹部肥満になりやすい人は血糖、血圧、中性脂肪の値が高い傾向がみられた。同スコアに基づくと、ウエスト・ヒップ比の標準偏差が1上昇するごとに心疾患リスクは46%、2型糖尿病リスクは77%上昇した。(HealthDay News 2017年2月14日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES